NEWS

新着情報

2020.09.23
リフォーム豆知識

外壁リフォームは本当に必要?外壁劣化のトラブルとリフォーム相場

■この記事では以下の内容について解説しています。

〇外壁リフォームはなぜ必要なの?

〇外壁の劣化が引き起こすトラブル

〇外壁リフォームを行うタイミング

〇外壁のよくあるお悩みと解決方法

〇外壁リフォームの費用の目安

 

外壁リフォームはなぜ必要なの?

before

after

リフォームのなかでも外壁工事の費用は比較的高額です。

「なるべくならやりたくない」と思われている方も多いですが、外壁の劣化を放置してしまうと建物にもさまざまな悪影響が生じてきます。先延ばしにすることで建物の傷みが進んでさらに高額な工事が必要になることも…。

外壁リフォームは建物の見栄えを良くするだけではなく、紫外線や雨などから建物を保護するために行います。外壁劣化の最初のサインはツヤが無くなってくることです。劣化の兆候がみえてきたら外壁リフォームを検討することをおすすめしています。

では、外壁リフォームをしないでいると一体どうなるのか、見てみましょう。

 

外壁の劣化が引き起こすトラブル

① 防水効果がなくなり、外壁に水がたまる・ゆがむ

外壁のゆがみ

家は常に紫外線や雨にさらされています。蓄積したダメージにより外壁塗装がだんだん劣化して防水効果がなくなってしまいまうのです。その結果、外壁に水がたまったり、湿った外壁が乾燥するときに歪んだりすることがあります。

② 小さなひび割れが発生し、水が浸入

クラックが発生

外壁に防水効果がなくなってくると、膨張や収縮に塗膜が対応できなくなり、やがて壁に小さなひび割れ(ヘアクラック)ができてきます。サイディングの場合はコーキング(外壁材の間を埋めるゴム状のパッキン)にも亀裂が現れます。ヘアクラックができるとそこから水が浸入してしまうのです。

 

③ クラックやコーキングの亀裂が悪化し、建物に大ダメージ

亀裂がかなり進んだ建物

外壁にできた小さなひび割れや亀裂を放置すると、どんどん大きくなって劣化が進みます。見た目に悪いのはもちろんですが、大きな亀裂になると建物自体にもかなりのダメージを与える恐れがあるので気を付けましょう。

④ 防水シートや防水材が浸水し、内側にも浸水してしまう

クラックやコーキングの亀裂によって建物に水が浸入します。さらにそれを放置していると、やがて外壁や屋根の内側にも水が浸入するようになります。外壁や屋根の内側には防水シートがありますが、防水シートも外壁とともに経年劣化しているので、水が浸入して建物の骨組みである木材・鉄骨・コンクリートなども劣化してしまうのです。

⑤家の土台や基礎部分まで劣化し、もろい建物に

小さなひび割れが大きな亀裂になり建物内部に浸水、やがて骨組みに、そして建物の基礎宿代まで劣化してしまいます。建物自体がかなりもろくなり、ちょっとした自然災害でも損壊する恐れがでてきます。

 

外壁リフォームを行うタイミング

外壁の劣化を放置してしまうと建物に大きな悪影響がおこることが分かりました。

では、外壁リフォームはどのようなタイミングで行うべきなのでしょうか?

一般的に、外壁リフォームは "10年ごとに行うべき" と言われています。

新築あるいは前回の外壁リフォームから10年たっている場合は外壁のチェックをしましょう。※屋根の確認は危険ですので業者に依頼するようにしてください。

ただ、使われている素材や環境・状況などさまざまな要因でメンテナンスの適正な期間は変化します。10年より早くメンテナンスが必要になったり、逆にもっと長く状態を保てることもあるのです。どのような素材が・どのような環境で使われていて・今どのような状態なのかを確認することで適切な外壁リフォームのタイミングも見えてきます。。

以下のようなサインを、外壁リフォームの目安にしてみてください。

 

外壁リフォームのサイン

①外壁のツヤがなくなってきた

②外壁にコケやカビが生えている

③外壁に触ると手に白い粉がつく

④外壁の広範囲に小さなヒビができている

⑤コーキングに亀裂や痩せが生じている(下地素材がALC/RCや窯業系サイディングの場合)

外壁のよくあるお悩みと解決方法

Q . 外壁のよくあるお悩み

  • 「外壁がボロボロになってきたので塗装かサイディングをしたいけど、何が良い?」
  • 「あまり頻繁にリフォームはしたくない…耐久性の高い外壁材は?」
  • 「他の会社で"塗装はできない"と言われてしまった」
  • 「サイディングは偽物っぽい感じが好きじゃない…素材感のあるリフォームはできる?」
  • 「塗装で仕上げたい。耐久性のある塗料って?」
  • 「"遮熱効果のある塗料"があると聞いたのですが…」

A . 解決に向けて

耐久性に関しては、高耐久の素材である「ガルバリウムサイディング」を使うことをオススメしています。LIXILのダンサイディングが業界最長15年保証です。

窯業系のサイディングは実は寒冷地に向いていないものが多く、数年後に再塗装が必要になります。耐久性を考えるなら金属サイディングを張った方が良いでしょう。(外壁がモルタルの場合は凍害になりにくいので塗装仕上げでも大丈夫な場合があります。)

また、金属サイディングはタイル模様等を模したものなので、玄関ポーチ周辺だけでも本物のタイルにすることで、素材感・高級感を演出することが出来ます。

遮熱効果のある塗料(ガイナ)については、断熱性の高い住宅に塗装しても体感することは難しいと言われています。

外壁リフォームの費用の目安

外壁リフォームは劣化の内容によって、大きく4つに分けることができます。それぞれの工事内容と相場を見てみましょう。

① 補修

 工事内容:ひび割れ補修、剥離補修、コーキング補修

 費用相場:20~80万円

② 塗装

 工事内容:外壁の塗りなおし

 費用相場:80~150万円

③ ガルバリウムサイディング重ね張り

 工事内容:現状の下地の上に新しいサイディングボードを張る

 費用相場:150~300万円

④ 張替え

 工事内容:サイディングの張り直し

 相場費用:200~350万円

①補修

②塗装

③ガルバリウムサイディング重ね張り

④張替え

前述のとおり、外壁の劣化は放置すればするほど補修の規模・金額が大きくなってしまいます。外壁リフォームの費用を抑えるには、外壁劣化を早期発見・早期対処することが重要です。定期的にリフォームのサインが出ていないか建物をチェックしてみましょう。

 

外壁リフォームで永く安心して暮らせるお住まいへ!

外壁の劣化や外壁リフォームの必要性、よくあるお悩み、費用について解説してみました。

いつも雨風や紫外線から守ってくれている外壁。適切なメンテナンスを行うことでお住まいの寿命も変わってきます。

あなたのおうちの外壁はいかがでしょうか?

「これってすぐにリフォームしなきゃいけない劣化?」「我が家はどのくらいの補修が必要?」など、不安なことや疑問をお聞かせいただければ、外壁リフォームのプロがいつでもご対応します!

ぜひ一度、ユニテへご相談ください。

富山店:0120-42-7160
高岡店:0120-63-2327
受付時間/ 9:00~18:00(年中無休)
お問い合わせ